自宅でのセルフダーマローラー解説2「いざ、施術!やり方解説」編 – 美容男子のエステ・コスメ辛口レビュー・体験談ブログ

自宅でのセルフダーマローラー解説2「いざ、施術!やり方解説」編

こんばんは!ビヨ男です。

前回の記事に引き続き、
自宅ダーマローラーの施術手順解説編です。

施術準備 もろもろの下準備

1. 必要なものをまとめておく

まずは、麻酔を落とした後に、
スムーズに施術に移れるよう、
机の上に、必要なものを準備しておきましょう。

机の上と書きましたけど、洗面所でやるのもアリです!
洗い流すの楽ですし!

・ダーマローラー
・麻酔クリーム
・サランラップ
・ティッシュやコットン
・成長因子(使うなら)
・鏡

2. その他のポイント

・使い回しのダーマローラーは、しっかり消毒しておく。

・ゴミ箱を近くにスタンバイ

・サランラップをマスク状に切り抜いておく。
(目と鼻の部分を切り抜く)

・ダーマローラー用クールマスクを冷蔵庫でキンキンに冷やしておく。
クールマスクを使うのは、
1時間後くらいになるので、
この段階で冷やし始めても、
間に合うと思います。

必要なものの買い方・一覧は前回記事を参考にしてください。
自宅でのセルフダーマローラー解説1「必要なものを揃える」編

戦闘準備が整いましたら、
醜い肌とのお別れを告げながら、
早速、施術の準備へ。

洗顔

まずは、いつもどおりの洗顔。
特に書くことないですが、汚れはしっかり落としておきましょう。
メイクをしている方は、クレンジングもお忘れなく。

麻酔クリームの塗布

タオルで顔を拭いて、麻酔を塗布していきます。

この時、目に入らないように、
目の周りには塗布しないようにします。

僕の場合は、頬骨の上から眉毛間は、
一切塗布しません。

できるだけ厚めに塗るのがポイント。

麻酔クリームが塗り終わったら、
事前に作っておいた、
サランラップマスクで顔を覆います。

麻酔が効くまで待機 30分~60分

麻酔効果が出るまでの時間は人によって違うそうで、
これは、試しながら、調整してみてください。

基本的には、30分~60分待機します。

麻酔が効いてる部分は、肌の感覚が異なるので、
なんとなく分かるのですが、部位によっても感覚が違います。

ほっぺたに麻酔が全然効いてる感じがしなかったのですが、
いざダーマローラーを転がしてみると、メチャメチャ効いてました。

なので、
「ほっぺたがあんまり効いてないかも。」
なんていって待ちすぎてもアレかもしれません。

麻酔を洗い流す

麻酔は拭きとってから、
どんどん麻酔効果が薄れていきますので、

この後の手順は素早くテキパキと。

僕は、麻酔クリームが、
目に入るのを異様に恐れています。笑
(毎回、美容外科の方々がかなり慎重になるので。)

なので、麻酔クリームをコットンで大体拭きとってから、洗顔。

マキロンで顔を消毒してから、施術するつもりが、
消毒するの忘れて施術。

まぁ、洗顔で95%除菌出来るっていいますしね。笑
何事もなかったです。
洗顔後は、ティッシュで水分ふき取り。

ちなみに、美容外科だと、
この段階で洗顔はしません。

コットンで麻酔をふき取り、
コットンと消毒液で対象部位の消毒。
という感じです。

EGF・FGFを塗布

ここまで来たら、
いよいよダーマローラーを施術するだけなのですが、
その前に。

EGF・FGFを塗布してから、
ダーマローラーを転がします。

先日、購入しておいた、
EGF・FGF美容液を塗布。

そして、いよいよ。

ダーマローラー施術!

そして、ダーマローラーを転がしていきます。
新品のDNSローラーの場合、
滅菌済みなので、パッケージを開けたら、
そのまま使用できます。
海外製品ですので、不安な方は、消毒を。

あとは、麻酔が効いてる時間との勝負!

追記:
僕のがハズレだっただけかもしれませんが、
未開封のダーマーローラー、
滅菌パッケージを開けると、
ローラーすぐ下の凹み部分に、
黒い粉塵的なものがついてました。

新品でも、洗浄・消毒をお勧めします。
黒い粉塵も無菌なのかもしれませんが、
そんなので、肌に穴開けたくないですし…。

ダーマローラーの転がし方

縦・横・斜め方向、肌に強く押し付けながら転がしていきます。

再三書いている通り、麻酔時間との勝負なので、
顔全体施術する場合には、迅速さが求められます。

しかし、慌てすぎて、
目とか刺さないように、気をつけながら!

十分に転がしたら、終了!

それか、先に麻酔が切れて、
「痛いからもう終わりにしよう。」
ってなるかもしれません。笑

再度、洗顔

多少なりとも、出血してるはずなので、
ここで冷水洗顔します。

美容外科の場合、
ここで洗顔はせず、
コットン等でふき取り、そのままマスクになるケースもあります。

クールマスク&リポペプチド

事前に冷やして置いた、
ダーマローラー用クールマスクで20~30分程、
パックします。

そして、リポペプチドで栄養補給。

正直、この順番はどっちが良いのか分かりません。
リポペプチド塗った上から、マスクなのか。
マスクの後に、リポペプチドなのか。

次回、リポペプチド塗った上から、マスクしてみよう。

これにて、終了!

施術当日だけ、
乾燥対策でワセリン上塗りしました。

スポンサーリンク

Social Media

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)